犬のしつけにこまったら。

犬のしつけTVチャンピオン2回優勝 遠藤和博の犬のしつけ方を見てみる

2008年07月02日

犬のしつけのポイント、犬も人と同じにストレスを受けやすい

犬のしつけをする時のポイントです。

飼い主を噛むことは、子犬のときと成犬になってからでは噛み付く原因が違ってきます。

子犬の時には、歯の生え変わりの時期、歯が生えてくるときには人間の赤ちゃんと一緒で、歯ぐきがかゆかくて、かんでくることがあります。


その場合、犬のしつけとしては、犬用のガムを与えてあげてください。


子犬にかまれたら、しつけのチャンスだと思って、大きな声で「痛い!」と叫んで犬にしつけをください。


噛まれたら叫ぶ犬のしつけを、何度も繰り返すうちに、子犬は「相手を咬む」という行動が、何の効果もないということを学習して、咬むのをやめるようになり犬のしつけの効果があります。


犬のしつけとして、噛み癖は子犬の時期に学習させてやめさせましょう。


成犬になってから噛む場合は犬のしつけ方が子犬のときと違ってきます。

噛む原因が、愛情不足のためのストレスや運動不足のためのストレス原因の場合が多いです。


自分の身を守ろうとする防衛本能など、ストレスや攻撃のための手段として噛み付きますので犬のしつけをする必要があります。


犬のしつけとして、飼い主と犬との間に上下関係をしっかりと確立して、犬よりも人間が上だということを理解させる犬のしつけをしてください。


脱走や放浪の原因は、発情期や運動不足、または誰かにかまってもらいたかったり、遊びたかったりと言うことが考えられますので犬のしつけというよりも積極的にふれあう事も必要です。


もしも脱走してしまったときや地震などの災害に備えて、首輪に名前や住所などを書いた名札をつけておくと安心です。


また、運動不足や遊びたくて脱走するいということは、日頃から飼い主が犬をしっかりかまってあげることで解消されます。

もし、犬のしつけができていないと感じた方は、こちらを参照して下さい。

↓↓↓↓↓ こちらをクリックして、ご覧下さい。


犬のしつけなら遠藤和博の犬のしつけ法を見てみる
posted by バッケ at 21:30| Comment(49) | TrackBack(5) | 犬しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のしつけの第一は食事の与え方

犬のしつけで重要な点は食事です。

食事は必ず、規則正しく、決まった時間に、決まった場所で与えてください。


もし決まった時間に食べないときには、かわいそうかもしれませんがすぐに食事を片付けてるのも犬のしつけとして重要です。


「置いておけば後で食べるだろうから」と食事をそのままにしておいては、犬のしつけはできません。


犬の食事のしつけに大事なことは、毎日決まった時間に与えることで、決まった時間になったら決まった場所で食事がもらえる習慣をつけさせて、学習させること。

これが犬のしつけのポイントです。


もう一つ犬のしつけのポイントは、犬にとって人間を都合の良い存在にしないことです。

かわいい顔でおねだりされるとつい食事を与えてしまいがちですが、犬のために飼い主も我慢する事が犬のしつけになります。


食事中に人間が近寄ると威嚇をする犬がいます。
これも犬のしつけのポイントです。

犬が食事をしているときに人間がそばにいることに慣れさせる様に犬をしつけましょう。


まず、子犬が家に来た初日から犬のしつけをします。

そのしつけは、食事中には食器に触っているようにしたり、食器をずらしたりしながら、いつもそばにいるようにすることです。


犬をしつけて慣れてくると犬は食事中に人がいても気にしないようになります。


人間が食事をしていると、犬がやってきて、同じものを欲しがることがありますが、人間の食事を犬に与え事も犬のしつけの一つです。


人間が食事をするときには、ゲージに入れたり、別の部屋に入れるようにして、人間が食事をしているところを見せないようにしてあげましょう。



犬のしつけなら遠藤和博のDVDの一部を見てみる
posted by バッケ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月01日

犬のしつけは、飼い主が犬の気持ちを理解して始める

犬のしつけをする時に覚えて下さい。

犬には人間と同じように、個性や性格があります。


犬種によっても気が強い、温厚などの特徴があったり、同じ犬種でも性別や毛種によって性質が違うこともあります。


たとえおとなしいと言われる犬種でも、個性の違いで気の強い犬がいたりすることもあります。


犬のしつけをする時に飼い主の人が、犬の気持ちを理解する努力をして、人間と犬の間に信頼関係を築くことがしつけへの第1歩です。しっかりとした信頼関係があってこそ、しつけは成功します。


犬に愛情を持って、犬の気持ちを理解したうえで、人間の気持ちを伝えることがしつけというものではないでしょうか。


犬のしつけの注意点としては、犬はおもちゃではなく、生き物で、個性もあって、家族の一員だということを、飼い主も家族もしっかりと理解してください。


お父さんがしっかり犬にしつけをしても、お母さんや子どもが甘やかしてしまっていては、しつけは何の意味もなくなってしまいます。


犬にしつけをするときには、自分の犬の集中力が続く時間内で、しつけをしていってください。


犬の集中力が続くのは、個人差もありますが、だいたい30分くらいなので、それ以上の長い時間をかけてしつけをすると、犬がしつけ嫌いになってしまうこともありますので注意してください。


posted by バッケ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 犬しつけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。